FC2ブログ

dayerの日記

狭くとも深く      -Carl Friedrich Gauss-

告知

異常な程の放置で、携帯版攻略ノートが削除されてしまいました。
また、異常な程の放置で、旧メールアドレスkouryaku_note_next@ヤフー も消されてしまいました。

で、とうとう自分のホームページを復活させる行動に移りたいと思います。
本当の意味は、ウェブ製作技術を改めて勉強しなおそうというのが目的ですが・・・


私は6年前ぐらいにホームページを立ち上げたことがあります。
今はメモ帳、terapadをメインでホームページを作っていますが、当時はホームページビルダーを使っていました。
私が立ち上げた頃は、個人サイトの全盛期とも言え、CGI-boy,、AZAQ-NETのレンタル掲示板が流行でした。
一方で、そういった若い年代が自分のホームページを立ち上げるのを監視するというネットストーキングという行為が2chなどのアングラなサイトで流行っていました。

そのときの2chは電車男などで一般人に広く認知される前の時代で、いわば2chがアンダーグラウンドな世界に少しだけ浸かっていたあたりだと思います。
そこで、私はリア厨のサイトなどと紹介されながらも、ホームページ運営を続けていきました。
(当時、厨という言葉の意味がわからなかったので無視していましたが、今思うとかなり激しいストーキングにあっていたんですね)

それから何年かして、ブログというものが登場しました、これにより、Google検索で、ブログしか引っかからないような時代が始まります。
そのとき私も更新のしにくさから、ブログへの転換を始めました。
また、ブログには無料でかなりの容量のアップローダが与えられるため、それで動画の紹介動画の制作を行っていました。

しかし、時代は日々流動するように、Youtubeによるflv形式でのだれでも動画が公開できる環境になり、私は時代に逆行するということで、動画公開をやめました。
また、日本でもニコニコ動画が人気となり、もはやブログという個人単位でサイトを持つのではなく、ニコニコ動画などの大きなサイトに集合する、複合型サイトへの転換が起きたと私は感じています。

このように、ブログはもはや、ニコニコ動画などの作品を見ている人に宣伝するだけの場所になったような気がします。
実際に、ブログで音楽を公開するよりも、大手サイトに公開する方が効率的だと思います。

かつて、ネット上がスタンドアローンつまり、独立したページが散らばっていたのに対し、今ではそれがいくつかの点に集中されている現象が起きています。

実際にいま攻略サイトを運営したとしても、複数人で運営する、wikiには絶対に勝てません。
そのため、私は、ホームページを作ることの意義がわからなくなりました。

それで今の完全放置状態が続いているのです。



さて、私はどういうサイトを作るのでしょうか?

スポンサーサイト



PageTop

着メロ配信を検討

久々の更新となります。
いままで放置してすみません。

さて本題ですが、MIDIやDTMを扱えるようになったので着信メロディのコーナーを作ろうかなと考えております。

が、著作権などそのあたりの問題も少し調べてから決定するので、年内には間に合わないかもしれません。

《これからについて》
夢砂の攻略情報もいまでは需要がないので専用ページは作らないことにしました。
なので、次のゼルダまで攻略情報の更新はありません。

しかし、考察などはやっていきたいと思いますのでそのあたりはよろしくお願いします。

PageTop

遅れて済みません

更新予定のものを箇条書きしていきます

・湖底の神殿最速クリア
マップつきで分かりやすくしていきたいです

・そのほかのショートカットについて
コレも上記と同じく

・トワプリ以外のコンテンツを更新
夢幻の砂時計にも対応します


トワイライトプリンセスによるアクセス増加も終わったので「やり込み」を中心に更新していきます。


さてVCで時のオカリナが配信されるようになりましたね。
いろいろと仕様変更があるようで、コントローラが使いにくいなどの問題点があるようです。

私はまだ購入していませんが、もし購入したらそれについて考察してみたいと思います。

PageTop

更新したいのは山々ですが

更新したいことがたくさんあるのですが、まとまった時間があまり取れないのでもう少し待ってください。


さて、VCに屈指の名作「時のオカリナ」が配信されます。
クラシックコントローラはGCコントローラーに比べ操作がしやすいので、プレイ環境もGCより上回るのではないでしょうか?

「時のオカリナ」は3Dフィールドを探索する謎解きアクションとして初の作品でもあり、トワイライトプリンセスの原点でもあります。

トワイライトプリンセスがなぜこの作品に拘って製作されたのかもよく理解できるはずです。
3Dポリゴン丸出しでグラフィックの汚さが目立ちますが、3Dゼルダの原点でもあるこの作品は何年経っても色あせないと思います。

PageTop

トワプリフィーバー

アクセス数がだんだんと落ちてきているので、トワイライトプリンセスの熱気も冷めたということでしょうか。

さて、攻略記事がまだ完成していないです。理由は文字だけで上手く説明することがとても難しく、画像をつけたとしても、小さくてわかりにくいなどの点です。

「攻略記事が無いのにどうするのですか?」と聞かれそうですが、これからはゼルダの伝説をもっと楽しむために「やり込み」に力を注ぎたいと思っています。

それと、DS版ゼルダの伝説「夢幻の砂時計」の情報なども載せていきたいと思います。

PageTop